経済についての洞察力を磨き、
未来を拓く人材へ。

学部のポイント

  • 1. 「実学としての経済学」の修得によって、経済構造を読み解く

    「実学としての経済学」を軸にした4コースを編成しています。経済理論を基盤に、広範な経済関連科目を順次的?専門的に学修。専門科目や少人数の演習にて、全員が経済諸指標の連動や経済動向を読み解く力を修得します。

  • 2. 幅広い業界に応用可能なデータ分析力を修得

    高まるAIやデータサイエンス活用のニーズに応え、ICT活用力を強化。データサイエンス基礎をはじめとする正課授業の中では、ITパスポート試験等の合格を視野に入れ、経済学の視点に基づき、各産業で応用できるデータ分析力を磨きます。

  • 3. 経済学部の特性を活かしたキャリア教育を実施

    1年次の「キャリア開発」をはじめ、2年次の「キャリアデザイン」、3年次の「キャリア演習」を通じて、学部特性を活かしたキャリア教育を行い、金融業、情報通信業、製造業など、幅広い業界で活躍するための就業力を養います。

  • 4. 専門研究の成果を披露し、卒業論文を執筆

    社会に大きな影響を与え、あらゆる業界で活かすことができる経済学。ゼミでは各々のテーマを追究し、4年間の集大成として卒業論文を執筆するほか、学生研究発表大会では、研究成果をプレゼンテーションで競います。

教育特色

実学としての経済学

経済学部では、「実学としての経済学」を根本的に理解するための基礎である「ミクロ経済学」「マクロ経済学」を学修します。3年次からは、全ての演習において「経済諸指標とその連動についての理解」をサブテーマに設定し、経済学の知見を社会で実践する力を養います。例えば、アメリカの金利が上昇すれば、日本との金利差が生まれ、為替は円安方向へと動きます。このことにより、輸出企業の業績は好転しますが輸入品は値上がりとなり、モノの値段が上がります。このように、1つの経済指標の変化が、私たちの生活やビジネスにどのような影響を及ぼすのかを見通す力を養い、「実学としての経済学」を修得していきます。

実態調査(フィールドワーク)

講義等を通じて得たデータ分析などのスキルや専門知識を駆使し、実社会の課題の発見?調査?解決に取り組む機会を設けています。さまざまな実態調査を経験することで、ビジネスの実践力を磨きます。

専門研究

2年次にコースを選択し、より高度な経済学の専門分野や周辺領域の学修を進めると同時に、自分自身の研究テーマを絞っていきます。3年次から4年次は、その研究テーマを深く掘り下げる期間。これまで調査?考察した経済学の知見をもとに、学修の集大成として4年次には卒業論文の執筆に取り組みます。

卒業論文テーマ(一部抜粋:2023年3月卒業生)

  • 電力事業における参入企業数に関する外部効果を考慮した再生可能エネルギーの普及促進策
  • 逐次手番を考慮したFTA下で行われる技術開発の意思決定に関する分析
  • 水資源を巡っての紛争と解決への道
    -10年先を見据えて-
  • 日本の人口と経済成長の現状と課題
    -人口問題と経済成長の関係性-
  • インバウンドツーリズムが日本経済にもたらす効果に関する研究
  • ナッジ理論による食品ロス削減に向けた提言
    -食品ロス削減型スーパーマーケットへ-
  • 日本の障害福祉について
    -北欧諸国をモデルケースに日本が目指すべき姿-
  • 就職ミスマッチを緩和する制度デザイン
    -マッチング理論による新たな就活方式の提言-
  • ソーシャルゲームへの課金を引き起こす要因に関する行動経済学的分析
    -非合理的な課金はどのように発生するのか-
  • 米中貿易戦争が中国新エネルギー?動?産業に与える影響
  • 非正規雇用の増加に伴う問題とその対策について
  • 人口高齢化が日本経済に与える影響に関する研究